シュタイナー教育の視点から

  1. 「お手本としての人間ならではの営み」シュタイナー教育の視点から No17

    お手本としての人間ならではの営み新生児は、二本足で直立して歩くことも、手と腕を使って行為することも、言葉を話すことも、考えることもできません。とても未分化、未発達の状態で生まれてきます。胎内では1人で生きていけるような状態にまでは成長しないので、生まれてから人間になっていく必要があります。

    続きを読む
  2. 「手仕事のリズムと繰り返し」シュタイナー教育の視点から No16

    手仕事のリズムと繰り返し10年前から園長をしている保育園は、いわゆるお勉強はしない、自然の中でたくさん体を動かし、動物の世話をし、給食は玄米で野菜たっぷり、といったちょっと変わった保育園。シュタイナー園ではありませんが、子どもたちはたくさん手仕事もしています。

    続きを読む
  3. 「紡ぎ車と保育室」シュタイナー教育の視点から No15

    紡ぎ車と保育室私が南沢シュタイナー子ども園でクラス担任をしていた頃の話です。工芸をしていた大叔母さんの足踏み紡ぎ車を譲り受けたので、冬の室内での自由遊びの時間に糸紡ぎをしていました。冬は羊毛を使った手仕事をたくさんします。5歳児は簡単な織り機で織物。

    続きを読む
  4. 「地球の呼吸人間の呼吸」シュタイナー教育の視点から No14 

    地球の呼吸人間の呼吸日本に暮らしていると、春夏秋冬の季節をはっきりと体験できますが、それはとても素晴らしいことではないかと思います。季節の巡り、四季のリズムを生活の中で、直接、感覚を通して体験することは、現代の都会での生活の中では、だんだん難しくなってきているようです。

    続きを読む
  5. 「人間らしい当たり前の生活の大切さ」シュタイナー教育の視点から No13 

    人間らしい当たり前の生活の大切さ今や「行動や身体のインターネット(IoB)」の時代。人の行動がAIにより分析予測され、自分がしたいこと、買いたいものなどの情報が送られてくる、自分で考えなくても自分の行動を決めてもらえる時代です。

    続きを読む
  6. 「健やかに育つための『おおい』」シュタイナー教育の視点からNo12

    健やかに育つための『おおい』子どもの今の姿には、三つの異なる質が混在しています。一つ目は遺伝による体質。その子どもの父方、母方のはるか昔からの血や遺伝の流れがあり、子どもの体の質として現れます。

    続きを読む
  7. 「バランスという器」シュタイナー教育の視点から No11

    バランスという器自分の体を健やかに育んでいくこと。これは生まれてから最初の7年間の大きな課題で、この時期に様々な運動能力も身につけていきます。行為するための道具としての自分の体を思いのままにコントロールできることは、自由で自発的な活動の基盤です。

    続きを読む
  8. 「子どもにとって見通しのきく生活」シュタイナー教育の視点から No10

    子どもにとって見通しのきく生活言葉だけで伝えようとしても、子どもに伝わらないことがよくあります。しかし子どもの眼の前で実際に行うと、何をしているかは一目瞭然で、子どもには簡単にわかります。言葉は抽象的で、行為は具体的なのです。

    続きを読む
  9. 「子育てのレシピ」シュタイナー教育の視点から No9

    子育てのレシピ料理が好きなので、地元の中華レストランのオーナーシェフによる料理教室に通ったことがあります。彼のお料理は中華ですが、化学調味料を一切使わず、素材の味を上手に活かした絶妙の味付けです。

    続きを読む
  10. 「身体全体を使うことの大切さ」シュタイナー教育の視点から No. 8

    身体全体を使うことの大切さコロナ禍の生活の中で、以前に比べてコンピューターの前に座っている時間が増えたのではないでしょうか。大人はテレワーク、子どももリモート授業。大人も子どもも、コンピューター、タブレットなどのスクリーンの前で長時間を過ごしています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る